トリマーの給料ってどのぐらい?

      2017/01/28

給料

 

生活をしていく上で欠かせない給料ではありますが、トリマーの給料は一体どのぐらいなのか気になる方は多いでしょう。

 

一口にトリマーと言っても、ペットショップやペットサロンに雇われて働いている人と、

自分で独立開業してお店を持ってトリマーの仕事をしている人とでは当然ながら給料が違います。

 

この違いをあまり考えずに一概に給料はこんなもんなのかと判断して、トリマーを目指そうとするのは後々後悔することになるかもしれません。

他のサイトに書かれているトリマーの給料はこの2つの違いを明確にしないで記載していることが多いので、

ここでは雇われて働いている正社員と、独立開業した人のそれぞれの給料を見ていきましょう。

 

正社員の給料

 

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

 

地域や店舗によって多少の違いはありますが、正社員のトリマーの給料はおおよそ17~22万前後が相場となっています。

 

見ての通り他の職業と比べても給料がお世辞にも高いとは言えないトリマーですが、

多くの方が給料よりも好きなことや仕事のやりがいを優先して働いているといった特徴があります。

 

なので、もしトリマーを目指される方がいるのであれば、給料は決して高くないことを念頭におくようにしておきましょう。

ただ、勤続年数がある程度長い人の場合は、その能力を応じて給料も高くなる傾向があります。

 

3年や5年以上働いている人であれば25~30万以上の月収を見込める求人もあるので、なるべく長く業界にいることをお勧めします。

ちなみにアルバイトの場合は、時給800~1200円前後ほどが一般的になります。

 

開業した人の給料

 

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

 

開業して自分のお店を持つトリマーの方は、

それこそ雇われて働いている人よりも収入格差は大きいですが、大体300~1000万ほどの年収が平均的です。

 

開業の場合、努力や経営の腕次第大きく左右されるので何とも言えませんが、トリマーの開業は比較的稼ぎやすい部類に入ります。

なぜなら、自宅で気軽にお店を持つことが出来て、その他の経費もほとんど掛からないためです。

 

開業の初期費用も100万ほどで抑えられるため、他の業界の職業の独立と比べても開業への敷居が低いです。

なので、集客をしっかりと行ってお客さんの来店を促すことが出来れば、月収50万円以上もそう難しくはないでしょう。

 

ただ、いくら開業への敷居が低いとはいえ、ある程度の経験と実践を持っている人でないと経営は難しいです。

初心者の方はまず、求人に出されているお店で最低でも2~3年は雇用者として働いて力をつけ、それから独立開業を目指すことが一般的です。

 

給料を上げるためには

 

給料を上げるために出来ることと言えば、とにかく長く働いて勤続年数を増やして手当を多く貰うことが一般的です。

ただ、トリマーの世界ではそれ以外にも給料を上げる方法があります。

 

それは、資格を取得して資格手当を貰うことです。

お店によっては資格手当の制度を設けていないところもありますが、

大抵のお店では資格手当を設けているのでトリマーとして働こうと思っているのであれば資格を所持していると便利です。

 

お店によっては1~2万円以上の手当てが付くこともあり、

年間で換算すると10~20万近くの給料の差がトリマー資格を持っているか持っていないかの差で開くこともあります。

 

まだ、資格を持っていない、これから取得を考えている人はまずは資格を取ることをお勧めします。

どの学校で勉強をすれば良いか分からないという方は、私のおすすめランキングを参考にしてみてください。

 

おすすめランキングでも取り上げているペット通信講座「たのまな」では、

 

 

トリミング講座ではトリミング以外の基礎的な動物の知識を学べるので、

一から勉強を目指す方は受講の検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

 - ペットコラム