ヤマザキ動物専門学校の評判

      2017/10/15

動物専門学校ヤマザキ

 

 

ヤマザキ動物専門学校は渋谷区にあるペットスクールで、2017年には50周年を迎える歴史のある学校です。

 

動物専門学校の多くは平成になってから設立されたものが多い中、

ヤマザキ動物専門学校は学校教育組織として世界で初めての動物専門の知識を養成する機関として創立されました。

 

なので、ペット業界に詳しくない人でもヤマザキという学校を知っている方も多いかと思います。

東京にしかないので地方に住む人が通うのは難しいですが渋谷周辺に住んでいる方は長年動物のスペシャリストを育成してきた実績がある学校なので、

どこに通おうか迷っているのであればヤマザキを選んでおけば安心できるでしょう。

 

ヤマザキ動物専門学校の特徴については以下の通りです。

 

選べる3つの学科

 

ヤマザキ動物専門学校では全部で3つの学科を受講することができます。

 

授業の7割が実習で犬猫の美容師を目指す動物美容学科。

2,400時間というボリュームで動物看護師を目指す動物看護学科。

看護・美容の両方を学んで、ペット職業のプロフェッショナルを目指す動物看護・美容学科。

 

セットで学べる動物看護学科・美容学科は3年制のコースで、それ以外の単体で学ぶものは2年制コースとなっています。

 

長時間じっくり掛けてペットに関する知識を総合的に学びたい方は3年制のコースを、

3年制のコースよりも短い時間で局所的にペット知識を身につけたい方は2年制のコースを選ぶといいでしょう。

 

ヤマザキ動物専門学校で目指せる資格は全部で6つあり、美容学科では犬の美容師(DGS)、猫の美容師(CGS)、家庭犬のしつけ訓練士(CDT)の3種類。

看護学科ではCGSとCDTに加えて、認定動物看護師と動物衛生看護師(AHT)の4種類。

 

3年制の看護・美容学科になると、DGS、CGS、CDT、AHT、認定動物看護師に加えて、新たに犬の理学療法士(CRT)といった資格が取得可能になります。

 

どの資格も協会が実施する認定試験に合格することで初めて取得となりますが、

きちんと出席しておけばヤマザキ動物専門学校で学ぶ範囲内の学習で資格取得は十分可能です。

 

平成26年度の就職率は95%

 

就職セミナー始め分野別研修、個人面接、インターン実習など多数の就職支援がヤマザキ動物専門学校には用意されております。

26年度には就職希望者に対しての就職率は驚異の95%を誇り、その高い就職実績は業界でも評判高いです。

 

就職先の多くは動物病院であり、次いでペットサロンやペットショップといったところが多いです。

高い就職率の秘訣はインターンシップ制度に力を入れているためで併設する動物病院での学内インターンと、

指定した研修先で実践を行う学外インターンの2つのインターンシップ制度を設けています。

 

インターンシップを通して実務経験を積むことで、能力を伸ばしまた自分の適性を知ることが出来るので、就職活動にも良い結果をもたらします。

 

たのまな(ヒューマンアカデミー)

通信講座でペットの資格取得を考えているならほぼ間違いないと言っていいのがヒューマンアカデミーのたのまな「ペット講座」。講座の種類は約20種と豊富にあり人気のあるトリマーや動物看護師から、キャットシッターやペットロスといった需要の高い職種までその講座は色々!初心者の方にお勧めしたい会社です。

 

日本ケンネルカレッジ

日本ケンネルカレッジはペット専門の通信教育会社であるのと同時に、動物専門学校のつくば国際ペット専門学校が運営しています。専門学校での指導経験を生かした内容が通信講座にも反映されていますので、その講座内容はお墨付き!

 

 - ペットスクール